ちょこっとイヤホン情報局

KZなどの激安中華イヤホンを紹介!

インナーイヤー型 レビュー 中華イヤホン

【レビュー】中華イヤホン bboooll BOT1(BO-T1)

投稿日:

ちょっと前に発売され、ちょっと気になっていたイヤホンに手を出してしまいました。。。

今回のイヤホンは3DDというユニークな構成のイヤホンになります。

商品名等はBOT1になっていますが、箱裏をみると型番はBO-T1になっているのでこちらが正しそうです。

あと写真ですが、トップだけちょっとおしゃれに撮ることにしました。

今までレビューしたものも順次交換していきたいと思います。

スポンサーリンク

スペック

  • ドライバー(片耳あたり):DD 3基
  • インピーダンス:18Ω
  • 音圧感度:101dB
  • 再生周波数帯域:20Hz - 40kHz
  • 付属ケーブル長さ:120cm(マイク有)
  • プラグ:3.5mm(L型)
  • カラー:ブラック
  • 外殻素材:プラスチック

 

価格

Amazon:3000円前後

Aliexpress:$20前後

 

付属品

  • イヤホン本体+ケーブル(リケーブル不可)
  • イヤーピース
    S、M、L 各1ペア
  • クリップ
  • 説明書

重さ

ケーブル込で合計約18.5gでした。

スポンサーリンク

外観

このイヤホンは3つのDDを搭載するため、特殊な形になっています。

出来る限りコンパクトにするためかハート型になってしまったのでしょうか、、、

男性の方は外で使うにはちょっと抵抗のある形です。

髪が耳まで隠れる方はイヤホンも隠れるので問題ありません(笑)

 

ケーブル

ケーブル自体は皮膜で覆われており、しっかりしています。

耳元はSHURE掛けタイプで、クセが付いていてクセを取るのは難しいと思います。

分岐部分にマイクがあるので、基本マイク使わない私としては目立たず良い感じです。

マイク部分の音質は使っていないため、不明です。

また、こちらはイヤホン本体とケーブル一体型でリケーブルは不可能になります。

イヤホン本体にはMCX3という謎の型番も記載されています。

 

遮音性、装着感

各ドライバ毎のベントのようなものが3つありますが、そこまで漏れているという感じはありませんでした。

ちょっとノズルが長めなので意外と耳奥まで入りますので、私の場合、KZ AS10のように鼓膜の圧迫感がありました。

人によって好みが別れるかもしれません。

 

感想

今回はDDオンリーなので20時間程エージングしてみました。

エージングしても重低音は残念ながら強く感じませんでした。

ただDD機の割には低音が篭らずスッキリしていて中音域、特に高音域が強くでているように感じました。

とはいえ刺さることも無い強さなので感じです。

女性ボーカルはかなり近く聴こえましたのでボーカルものにオススメだと思います。

音がちょっと軽い感じがあるのはDDが小型なためでしょうか、、、一般的なDDのように重厚な音を考えている方はご注意ください。

-インナーイヤー型, レビュー, 中華イヤホン

Copyright© ちょこっとイヤホン情報局 , 2019 All Rights Reserved.